スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.10.19 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

潤い保持力にこだわればライスフォース!保湿力が抜群に高いらしい!

JUGEMテーマ:スキンケア


乾燥による肌トラブルの悩みを抱える方に人気名ライスフォース!お米のエキスを発酵させて作ったライスパワーエキスを配合したスキンケアです。お米は、昔から肌に良いといわれてきたそうですが、やっぱり良いらしいです!特に乾燥肌の方に人気があり、芸能人の愛用者が多いことでも人気の高さがうかがえます!体験談や感想では、ライスフォース 口コミ評価が凄く高いですからね!特に、保湿の高さ、言い換えると潤いの持続力の長さが違うらしいです!また浸透力も高いため、角質層にぐんぐん浸透していくそうですね!このライスパワーエキスで一番有名なのがライスパワーNo.11エキス(医薬部外品の有効成分です!)です。肌の水分保持力を改善する効果があると認められた成分で、潤いの持続力が凄いと評判の成分です!なお、注目の水分保持力については、一般的な保湿剤として使われることが多いコラーゲンやヒアルロン酸の2倍以上らしいです。高い浸透力と、潤いの持続が長ければ、美肌効果も期待できるわけです!ライスフォース 評判がいいのも、このライスパワーエキスの効果の高さといえます。なおライスフォースのニキビケアなら、アクポレス 口コミがあり、毛穴・ニキビケアとして人気があります。すでにできてしまったニキビ対策から、毛穴やニキビのできにくい肌に導く効果が期待できるそうです。アクポレスにもライスパワーエキス(No.11エキスではなく、別の種類の!)が配合されています。ナンバー管理されているライスパワーエキスですが、どれも似たような効果なんですけどね!ちょっと注目のスキンケアがライスフォースなのです!




最近のオールインワンゲルクリームに配合しているEGFとは!

JUGEMテーマ:スキンケア


最近は、EGF配合の化粧品が多くなった気がします。特に洗顔後のスキンケアとしてオールインワンゲルクリームが人気ですが、このオールインワンゲルクリームにEGFが配合しているモノが増えました。例えば青じゅるプラシーゲル モイストあたりですね。オールインワンゲルクリームは、これ1個で洗顔後の化粧水・乳液・クリーム・美容液の代わりになるのがポイント!朝忙しい方や、化粧がおろそかになりがちな主婦の方に人気があります。なおEGFの効果としては、皮膚の再生周期(ターンオーバー)を正常化です。ノーベル賞受賞成分でもあるので、美容業界が今一番注目している成分ともいえますね!またオールインワンゲルクリームには、様々な美容成分が配合しているケースが多いので、かなりオススメといえそうです!

赤ちゃんの肌荒れにも色々あるね!

赤ちゃん音肌荒れの1つに、生後2週間〜2ヶ月ぐらいの間にみられる乳児湿疹があります。赤い湿疹とかできたりします。普通は、自然に治るらしいですね。沐浴させるのもいいなんて話です。赤ちゃんの肌は、薄くて繊細なので、衣類のこすれやヨダレ・汗などでも肌荒れを起こすことがあります。人間の肌は、発汗により体温調節、バイ菌の侵入を防いだりしています。できれば赤ちゃんの衣類は、清潔に保っておきたいもの!ただ選択する際の洗剤にも注意が必要です。また肌荒れに赤みを伴っている場合、アレルギーやアトピーも心配です。市販のクリームを使う前に、皮膚科なので専門医の意見を聞いておきたいところ!市販クリームでも大丈夫なケースもありますが、薬を処方することもありますから!特に赤ちゃんの肌荒れには、自己流の対処法には気をつけたほうがいいかもしれませんね!口コミの評価が高い赤ちゃん スキンケアなら、プルミー 評判メトセラATP ES-27クリームあたりかもしれません。ママさんにかなり人気があるようです。

アトピー性皮膚炎について!

JUGEMテーマ:アトピー性皮膚炎


湿疹の一種であるアトピー性皮膚炎は、先天性の過敏症とされ、主にアレルギー反応と関連があると言われているようです。さらに遺伝も大きく関係している気がしますね。ただ、その治療方法となると原因が解明されていないこともあり、完治するための治療法が確立されていないのが実情です。今では、病気の1つとして捉えられている感じもします。

なおアトピーという言葉の由来は、ギリシャ語の『アトポス』らしいですね!アトポスの意味は『不特定の場所』になるそうです。実際アトピーが体のあちこちに発生することもあり、このアトポスを使った感じです。そもそもアトピーは、複数のアレルギー疾患に対して使われてきたそうです。日本では、アトピー性皮膚炎を指していますが、実際には鼻炎や気管支喘息などの疾患にも関係して使われる言葉らしいです。

なおアトピーは、幼少期に発生する確率が非常に高い特徴があり、8割の患者が5歳未満というデータもあるそうです。そのため発症ケースの多くが小学生に入る前らしいです。一般的には、幼少期に免疫力が整うことで、自然治癒するとされてきましたが、近年では成人になるまで治癒しないケースも多く、アトピーの解明が急がれています。